調布市三鷹・仙川インドアテニススクール

ホーム > テニスエルボーの原因と予防

テニスエルボーの原因と予防

こんにちは。
緑ヶ丘テニスガーデン、フィットネススタッフの滝田英作です。

テニスは老若男女だれでも楽しめるスポーツで、ある研究データでは【ランニングやスイミングなどを抑え、テニスが最も健康的なスポーツである】という結果もあります。

手軽なスポーツですが、準備運動や体のケアを怠ったり、無理な打ち方を繰り返すことで怪我に繋がってしまいます。

ラケットでボールを打つという動作を繰り返しますので、上半身では特に腕周りの怪我・故障が多くなります。

今回はテニスで起こりやすい怪我のうち「テニスエルボー」に関して、原因や対策をお伝えします。

1. テニスエルボーとは?

実は、「テニスエルボー」とはあだ名のようなもので、正式名称は「上腕骨外側上顆炎」といいます。

手関節(手首)を背屈する(反らす)筋肉群が付着する肘の外側部分に炎症が起こるスポーツ障害になります。

外側と書いていますが、痛む場所は外側だけでなく内側や後方など様々です。

バックハンドで生じやすい外側型

バックハンドで生じやすい外側型

フォアハンドで生じやすい内側型

フォアハンドで生じやすい内側型

サーブで生じやすい後方型

ラケットでボールを打つ動作を繰り返すテニスに多い症状であることから、「テニスエルボー」と呼ばれていますが、実は仕事や日常の動作が原因で発症する場合も少なくありません。

最初は些細な痛みでも、ひどくなると

  1. 蛇口を回す、ドアノブを回すのが痛い
  2. フライパンが持てなくなる
  3. コーヒーカップのような軽い物でも持てなくなる
  4. パソコンのタイピングで痛い

等の日常生活にも支障をきたしてしまいます。

2. テニスエルボーの原因

テニスエルボーになる原因は、テニス・日常生活両方に多々潜んでいます。

【主な発症原因】
  • ラケットのスウィートスポットを外した際の衝撃
  • 不適切なガットの使用(ガットを張る強さ・種類)
  • 不適切なフォーム(打点・動かし方)
  • 相手とのレベル差(パワー不足)
  • 準備運動不足(関節や筋肉の可動域低下)
  • ボールが濡れている・パンクしている状態での練習
  • 日常よく重いものを持つことがある(赤ちゃんや重い荷物など)
  • パソコンを使用することがよくある(デスクワーカー)

「ガット」に関しては、
『3か月(プレー時間で約18時間)・90分のレッスンに置き換えると約18回使用しても切れなければ、それ以降はケガのリスクが高くなる』
という研究結果がヨーロッパのテニスコーチャーズカンファレンスで発表されています。

これはナイロンガットでの発表なので、ポリエステルであればその期間・回数は激減するそうです。

3. テニスエルボーになってしまったら

肘に「痛み」や「違和感」を感じたら、面倒くさがらずにまず病院に行って診断をしてもらいましょう。

「このくらいは別に問題ない」と思って続けることが一番状況を悪くさせる要因です。

できるだけ早く治したいのであれば、自己流で治すことは避け、正しい方法で治療するのが治すための近道です。

「痛み」がある場合は速やかに病院へ。
「痛み」がなくなったら正しい動作トレーニングを。

この先もテニスを楽しむためにも最善の対策をとっていきましょう。

4. テニスエルボーにならないために

故障が無いことが一番いいですが、故障したとしても適切な策を講じれば安心できますよね。

その方法は

トレーニングを通して「自分の体を正しく動かす技術」を身に付けることで、テニスへ復帰した時の体への負担を減らします。

「なぜ痛くなったのか?」「どうして痛くなったのか?」

その原因をトレーナーが適切に評価し、あなたにとって最善のトレーニングを処方します。

痛みに悩んでいる方は、痛みとは無縁になるために。
痛みがなくなった方は痛みを予防しテニス動作が効率的にできるために。

この先も快適にテニスを楽しむためには「正しい動きのクセ」を身に付けることがとても大切です。

緑ヶ丘テニスガーデンには「体に負担のこない理にかなったテニスレッスン」・「テニス特有の動作に特化したトレーニング」をおこなう専門スタッフが揃っています。

ぜひ、みなさまのこれからのテニスライフに緑ヶ丘テニスガーデンを活用してください。

緑ヶ丘テニスガーデン オーナーのご紹介

中山 和義(なかやま かずよし)
中山 和義(なかやま かずよし)

1966年生まれ。 日本コンサルタント協会公認パートナービジネスコンサルタント。 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー。 公益社団法人日本テニス事業協会 研修委員長。

成蹊大学経営工学科卒業後、海外のスポーツビジネスを経験し、帰国後、ヨネックス株式会社勤務。200カ所以上の事業所で販売促進企画を実施。退社後、父親の経営する緑ヶ丘テニスガーデンの経営改善に着手し、赤字テニスクラブを業界トップクラスのテニス施設に改善。その後、テニスショップ、テニスサポートセンターをオープン、オリジナルテニスブランド、ウィニングショットを立ち上げ、テニス普及のためのNPOテニスネットワークを設立、三鷹青年会議所の理事長を務めるなど地域ボランティア活動にも力をいれている。

経営者と心理カウンセラー、テニスコーチの視点を取り入れた講演は高い評価を得ている。

著書に38万部をこえるベストセラー『大切なことに気づく24の物語』をはじめとした「24の物語シリーズ」(フォレスト出版)、『テニスメンタル強化書』(実業之日本社)、『生きる力が湧いてくる感動の言葉』(学研パブリッシング)、『すれ違ってしまった相手との心の修復法』(PHP研究所)、『父親業!「仕事か、家庭か」で悩まないビジネスマンのルール』(きずな出版)、『物語が教えてくれる7つの習慣』(フォレスト出版)など多数。

経営する緑ヶ丘テニスガーデンからの書籍、『劇的にうまくなるテニス絶対上達』(実業之日本社)、『テニス絶対上達サーブの理論リターンの極意』(実業之日本社)、『ミスをなくすプレイ修正法』(実業之日本社)、『いちばん新しい テニス上達メソッド』(実業之日本社)も好評発売中。

  • 日本コンサルタント協会公認 パートナービジネスコンサルタント
  • 日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラー
  • (社)日本テニス事業協会 理事 シニアテニスプロデューサー
  • NPO テニスネットワーク理事長

中山和義オフィシャルサイト
http://www.nakayamakazuyoshi.com/